Menu

こうすればうまくいくオリジナルTシャツを作るときのコツ

オリジナルTシャツの作成をお考えでしょうか。近年では多くのショップが出店しているインターネット上から注文が可能なこともあり、手軽に作成できるものとしてチャレンジする方が増えてきています。例えば、サークルや地域のスポーツクラブのチームユニフォームとして、お祭りや地域のイベントのスタッフ用ユニフォームとして、学校の文化祭や体育祭の際にクラスで揃えて着用するといったケースも少なくありません。オリジナルTシャツなんて難しそう、高いのでは?というイメージは最近ではほとんどなくなっており、手ごろな価格でインターネット環境があれば簡単に、そして短期間で希望のものを作ることが可能になっています。そこで、他とは違う工夫をするポイントの一つとして素材に注目してみてはいかがでしょうか。

素材を選びでずっと着たい快適な着心地を

例えば、普段一番よく着用したり目にするTシャツは天竺素材であることが多く、オリジナルTシャツを注文する際にも、最もスタンダードなタイプとなっています。用途がイベントや文化祭など、着る回数が多くない場合はこのスタンダードで薄手のものが良いでしょう。気温が低い時期でしたら、長袖も選択できます。ですが、予算によっては厚手タイプと表示されている素材のシャツを選べば、丈夫で透けにくいので安心です。また、スポーツチームのユニフォームなど、汗を多くかき何度も着用するような場合でしたら、通気性を重視したドライタイプや、ポロシャツタイプをおすすめします。このように、利用するシチュエーションによって適した素材を選んでください。きっと皆さんが着心地良く満足できる一着になってくれます。

デザインを工夫してもっとオリジナリティを

購入したいシャツのタイプが見つかれば、次はカラーやデザインを決めなければなりません。しかし、センスに自信がない、絵心がない、等ご心配な方もおられるでしょう。そんな方も安心してオリジナルTシャツ作りに取り掛かることが出来る様々な工夫が、各ショップで提供されています。例えば、簡単にWebサイト上でデザインを作成可能なツールでは、文字やイラストを簡単に配置出来たり、ある程度完成したデザインから文字のみ変更するお手軽なものもあるので自信のない方も簡単に、イメージに近いものを作ることが可能です。もちろん、オリジナルのロゴやキャラクターを使用することも出来ますから、それぞれの希望に沿ったショップへ依頼してください。このように手軽に挑戦できるオリジナルTシャツで快適な素材を選んでぜひ作ってみてください。