Menu

オリジナルTシャツの作るときのおすすめ方法

様々なイベントや大会などでチームを作り団体で参加する際、士気を高めるなどにオリジナルTシャツを作成して着用している姿を多く見かけます。そこで、オリジナルTシャツを作る際に選べる生地や素材について説明します。プリントするデザインも重要ですが、それ以外にTシャツの生地選びもとても重要なポイントです。オリジナルTシャツの価格は、プリントしたいデザインの大きさや印刷枚数によっても異なりますが、Tシャツの生地の厚さなどでも異なります。もちろん、一般的ではありますが、薄ければ安く厚くなれば高くなります。とにかく安く仕上げたい場合であれば、最も薄い生地でワンポイントのみのオン札で作成することになりますが、長く着用する機会があるようでしたら、丈夫で長持ちする厚めの生地を選んだ方が良いのではないでしょうか。

オリジナルTシャツを作成する際の素材選びについて

オリジナルTシャツを作る際にまず初めに、デザインのイラストから考えるのではないでしょうか。自分たちのカラーやロゴマークやお気に入りのイラストなども含めて大きさなどを考えます。次にTシャツの生地や素材を選ぶのではないでしょうか。生地は薄ければ安くなりますし、厚ければ高くなります。幾度となく着る機会が多ければ厚めの生地にした方が無難でしょう。また素材に関しては、綿100%は何度洗っても型崩れしにくく着心地もしっかりしている定番の素材です。ドライはポリエステル100%や綿との混合で、主にスポーツ等のチームユニホームTシャツとして使用することが多いようです。メッシュはサラリとした肌触りで通気性も良いことから、オリジナルTシャツを作るのに人気の素材となっています。また無名メーカーのTシャツ生地は注意いた方がよいでしょう。

オリジナルTシャツを作るおすすめ

自分たちのオリジナルTシャツを作る際のおすすめポイントを紹介します。Tシャツの生地や素材選びはもちろん大切ですが、プリント方法や色の種類も重要なポイントとなります。また、枚数によって価格も違ってきます。プリント方法ではイラストやフォトプリントなどありますが、印刷会社によってはフォトプリントができない企業もありますので、問い合わせの際きちんと確認しておきましょう。Tシャツの種類も限られている場合もありますので、後々困らない様価格も合わせて注意しましょう。また、WEBなどでもデザインを送り作成依頼することも可能なのです。自分たちだけのオリジナルTシャツですから、失敗のないよう生地や素材はもちろんイラストなどのプリントデザインもしっかり確認して発注するように心掛けしましょう。また、必ずWEBや書面で見積もりを取ることを忘れない様にしましょう。