オリジナルTシャツを製作できる意外なツール

学校の文化祭や体育祭、部活など、みんなでおそろいのオリジナルTシャツを作りたいと思う方多いのではないのでしょう。また最近ではオリジナルTシャツ屋さんも流行っています。オリジナルTシャツを作成してくれるところも以前より増え、安価で簡単便利に作れるようになりました。その簡単に作れる理由の一つとして、デザインシミュレーターというツールを紹介します。各会社でそれぞれ開発しているものですが、スマホのアプリやパソコン上で、簡単に文字やイラスト、写真などを配置することができるソフトです。無料のスタンプを押して、文字のデザインを選べるところ、中にはデザインのテンプレートがあるところもあります。そしてデザインが出来上がったらそのまま見積もりや発注が可能なので、とても手軽に作ることができます。

Tシャツだけじゃない、オリジナルプリント

最近はオリジナルTシャツだけでなく、ポロシャツやパーカー、ジャンパーなど、素材も多岐にわたります。学生だけでなく、会社のユニフォームとしてジャンパーを作ったり、ゴルフクラブでポロシャツを作ったりと、その用途も様々なパターンが考えられます。またプリントだけでなくデザインの修正や、イメージからデザインを描き起こしてくれるサービスもあるので、手描きが苦手な場合でも問題ありません。修正は無料で行ってくれるところも多いです。それでいて1枚500円くらいから作れて、納期も最短即日発送が可能なので、急に思い立っても手軽に作成することができます。また短納期は追加発注が必要な時にも便利です。例えば部活でおそろいのユニフォームを作った時、専用ソフトでデザインを作って保存しておけば、新入部員が増えてもすぐに追加注文ができ、しかも即日で納品してもらえるということです。

Tシャツをデザインして販売することも

オリジナルTシャツをデザインして販売することだってできます。個包装してもらえば、商品準備も手間がかからず簡単です。専用ソフトで発注するので、同じデザインを使用して色違いで発注することも簡単に出来ますし、追加発注なども簡単にできて、しかもすぐに納品してもらえるから売り切れで販売機会を逃す心配もありません。発注は1枚からでも低コストでできるのでリスクも少なく、最近オリジナルTシャツ屋さんが増えてきた背景には、こうした手軽さがあるのかもしれません。中にはデザインさえ登録すればTシャツの作成から発送、カスタマーサービスなどを全て任せられて、しかもちゃんと売上を確保できるという販路サービスをしているところもあります。在庫管理や売れ残りのリスクにも気を遣わずにショップ運営ができるのは、敷居の低い恵まれたビジネスといえるでしょう。